きっちょんどんについて

豆魂

福井県坂井市三国町。日本海の名勝東尋坊や冬の味覚王越前ガニが有名な、日本海に面した小さな湊町。坂井平野の端、三国町にある丘陵地は、有機農業がさかんなところでもあり、米や野菜の他、フルーツライン一帯では様々な果物もつくられています。

三国町・坂井平野でこだわりの農を営む仲間達4軒が集まって、「夏には美味しい冷や奴が、冬には心も身体もあたたまる湯豆腐が食べたいね。自分達が毎日食べたいと思う豆腐をつくろう!」とつくったのが、「きっちょんどん大豆まるごと豆腐」です。

立ち上げの際にメンバーをまとめたのは、約40年前に三国町に移り住み、開拓農家をはじめ、平飼いの鶏や、肉牛を育てている、おけら牧場ラーバンの森の山崎一之。 現在の運営(代表)は、林農園を営むトマト農家の林治巳。彼の家の屋号が「きっちょんどん」であることから、私たち豆腐屋の名前が決まりました。

きっちょんどんのお豆腐は、おからが出ないつくりかた。特殊な機械で製粉してつくられた福井県産大豆や国産大豆を、本にがりで固めます。大豆をまるごと食べるクリーミーで濃厚な「ぜいたく豆腐」。美味しさへの追求はもちろんのこと、食の安心安全や、わたしたちの健康を求めて、毎日心をこめてつくっています。

豆魂農家の仲間達4軒が集まって「おいしさ・食の安全・健康」を求めて毎日心をこめて作っています。国産大豆100%を使用しています。地元福井県にある大豆畑。大豆の収穫

PAGE TOP

  • トップ
  • きっちょんどんについて
  • 豆腐の紹介
  • お店の紹介
  • きっちょんどん食堂
  • お取り扱い店
  • お問い合わせとアクセス
  • ご注文フォーム
きっちょんどん便り

CATEGORIES

NEW ENTRIES